浅草「うんすけ」さんでの民具づくりと与那国島の唄のライブ

今週の頭に浅草「うんすけ」さんで行われたイベントに行ってきました。
速度の遅い台風が近畿地方周辺にいる前日、與那覇さんは宮古経由で台風を超え東京へ。

与那国島からお持ちいただいたクバの葉を水につけ、作業できるよう準備。
クバは島に広く自生する手のひらのように広がる葉が特徴のヤシの一種です。
笠や蓑、食用や建材にと活用されてきたそうです。泡盛の瓶に巻いてあるものも見かけますよね。
夏休みということもあり、お子さんもいらしてにぎやかなワークショップに。
皆さん真剣に與那覇さんの話を聞いていらっしゃいました。
首の長さによっては与那国馬〜キリンまで、、、想像にお任せのオーナメントやほうき、ウブルやかごなど思い思いの品を作っていらっしゃったようです。
近場にあるものを活用してつくられた生活に必要なありとあらゆるものを民具とよんでいるのだと理解しています。
ものづくりの原点といったら大げさですが、ふと忘れそうになるので、今は必需品ではなくとも残していけたらと願っています。

夜はライブ会場になりました。うんすけさんが用意してくれた甘いよい香りの泡盛「どなん43度」とおつまみを中心に、唄とお話がついていく感じです。酒があり唄がある、、、そんな感じで聞いて下さいと與那覇さん。
唄のいわれや節のことなどちょっと専門的な話も。
三線にのせる以前から伝わる唄は、三線なしで。言葉は分からずとも唄の意味を聞くと、伝わってきます。
民謡を勉強されているお客さんもいらして、終始リラックスした雰囲気でした。
あっという間でしたが与那国島に行ったような、そんな時間が味わえました。

→ 標 しもと 

広告

八重山民具をつくってみよう~ 与那国ナイト in民藝咖哩うんすけ


店名の由来でもある口つきの壺が飾ってありますね。

浅草寺の裏手、千束商店街近くの「民藝咖哩うんすけ」さんにて、八重山民具のワークショップとライブが催されます!!
与那国島の與那覇 有羽(よはな ゆう)さんを迎え店主の嶋田さんが楽しい1日を計画!
当店にも民具を作っていただいているのですが、與那覇さんは民具づくりや保存といった活動を通して、島内外の方々に広く知っていただけるようにと日々奮闘される若きホープです〜また与那国島に伝わる唄を通して、伝統や文化の継承もされていくことと思います。

8月7日 (月)
「八重山民具をつくってみよう」
14:00 – 16:00

与那国より、島の方が材料を抱えてやってきます!
14時スタート(途中入場は14時半まで)
15時半終了。終了後、まったりタイムで島のお話をいろいろ伺いましょう。16時解散。(途中退場もOKです)

Aコース)
・ウブル、オーナメント作り
・作業時間 約1時間
・会費2,800円(お茶・お茶請け込み)

Bコース)
・ウブル、オーナメント、ほうき作り
・作業時間 約1時間半
・会費3,300円(お茶・お茶請け込み)

定員10名

「与那国ナイト」
19時オープン。19時半〜ライブ。
曲は分からなくとも盛り上がること間違えなしです!
嶋田さんの美味しい小皿料理と飲み物などお楽しみいただけますよ!
泡盛出るかなぁ〜
また、ワークショップとライブ両方参加したい!という方には、うんすけさんの角を曲がったところに曙湯という正統派の銭湯がありますので汗を流すのもよし、浅草参りをするのもよし、合羽橋で買い物をするのもよし、です〜

曲目予定
・若舟ディラバ
・どなんすんかに
・どなんとぅばるま
・どなん猫小
・旅果報節
・嫁入り唄
・どぅんた

民藝咖哩うんすけ
東京都 台東区浅草4丁目17−3

ご興味ある方は、ぜひぜひお問い合わせ下さいませー!
詳細、最新情報はこちらから。
「八重山民具をつくってみよう」
https://www.facebook.com/events/2002391720047502
「与那国ナイト」
https://www.facebook.com/events/116492955644395

→ 標 しもと 

ご飯茶碗と丼ぶりの特集中!

駒込の店では、ごはん茶碗と丼ぶりものをまとめてみました。
ごはんもののうつわといっても白飯、炊きこみやおこわ、お茶漬けと違うものを用意しても楽しいです。
またごはんの丼ぶりものをよくされる方は、一つあると便利です。

マカイもいろいろに使いやすいので、並べています。夏に余った素麺をにゅう麺に。5寸がちょうどあいました。そばうどん、ラーメン、具を多く、はそれ以上で。

image
image

 

 

→ 標 しもと 

ご飯茶碗、丼ぶり展示のお知らせ

ここ数日暑さも和らぎ、さわやかな風を感じるようになりました。
今回の東北岩手や北海道での台風被害もさることながら、これからもうひとつ九州へ上陸するとかで自然の厳しさを感じます。
東京で暮らす者としては、全国から届く農作物や物資をただただ頂くばかりです。

さて関連はない内容ですが、当店よりお知らせです。
明々後日9月7日(水)より、ご飯茶碗や丼ぶり類をまとめて見ていただこうかなと思います。
涼しくなってきたためか皆さんの食欲が戻ってきたのか(私もですが)、美味しいものが多くなるこの時節だからでしょうか、ご飯茶碗をもっと見たいという声もちらほら、、、
また例えば同じ4寸でも大きさや開き具合が違ったりと、よく使うものの一つなのでしっくりくるものが見つかれば、と思います〜

横田屋窯の展示は明日5日月曜まで。
翌6日火曜はお休みをいただきます。

 

→ 標 しもと 

ニチニチ日曜市11周年!

国立のニチニチ日曜市は今月11周年を迎えられたそうです!
和やかな雰囲気がいつも心地よく、毎回ちがう出店者に私も楽しみ。

今回初参加の加藤けんぴ店さんのおにぎり、美味しかったです!
梅と鮭の王道もですが、玄米のおにぎりもうまい〜
店名のけんぴは、9〜4月くらいに登場するそうですよ!

今月のみなさん

古本泡山
Samosa wala Timoke
warmer warmer
北川ベーカリー
お菓子工房 La vita
加藤けんぴ店

 

→ 標 しもと 

田端界隈 -フロマエカフェさん周辺

先日まで開催しておりました「ゆくたや窯のやちむん市」には多くのお客様に来ていただき、本当にありがとうございました!
普段直接お会いすることが少ないので、色々なお話を聞かせて頂いて嬉しい時間でした。
横田屋窯をはじめ沖縄のやきものや民具がお好きなお客様から、使い方のアイディアを頂いたり教えて頂くことも多く私も勉強になりました!
またこのような機会があればと思っています。

さてさて会場だったフロマエカフェさんは、駅は西日暮里ですが田端の界隈。
以前すぐそばに住んでいたこともあり、私にとっては懐かしいところ。
その頃よりお店も増えてきたかな??
フロマエカフェさんの真ん前は、銭湯富来湯。
ほんの100m先にも曙湯という、とっても贅沢な場所。お湯は熱めです。

不忍通りの一本裏手は谷田川通り。台東区と文京区の境にもなっています。
かつては谷田川という川が流れ上野不忍池に通じており、鰻の伊豆栄さん辺りでも鰻がとれたとか。
谷田川の端は滝野川や飛鳥山。道灌山の台地の水も流れこんでいたのでしょうか。

歴史、文学、地形好きの方々には、興味深いところだと思います。まち歩きをされている方を見かけます。
身体が不調のところに貼るとよいという東覚寺の赤札仁王像(写真なくすみません!)。
谷田川通り沿いの田端不動尊は像の置かれている石、溶岩?や狛犬、像の顔もいいなあ。
行ったことはないのですが、田端八幡神社の雰囲気も良さそう。
かつて川が流れていた頃は、どんなだったろうなあと思わせる界隈です。

 

 

→ 標 しもと 

「ゆくたや窯のやちむん市」開催中!

今日からカレンダーでは、GWですね。
「ゆくたや窯のやちむん市」ひきつづき開催しております。
ジワジワとお客様も増え、わざわざお運び頂きましてありがとうございます。
八重山民具にも関心を寄せて頂く方も多く、嬉しいです。
夜など不在の時もございますがお気軽にご覧下さい。

フロマエカフェでは、農家さんから直接届く野菜をたっぷり使ったランチ、夜はジビエ料理が入ることも! お店の方によると最近はじまった東京クラフト生ビール、味が濃くておいしいですよ〜とのことです!
カフェご利用をお考えの方は、営業時間にご注意下さいませ。
5/2(月)は、お休みです。
18時からの夜営業のある日は、4/30(土)、5/1(日)、5/4(水)、5/5(木)です。
期間中の他の日は、17時までです。

ランチのオーダーは、平日14時半まで、土日祝はディナータイムまで。
ディナーまでの時間は、ドリンクとケーキタイムです!
ごゆっくりご覧下さい〜

フロマエカフェさんは、こちらから

facebookご利用の方はこちらをどうぞ

→ 標 しもと