“本と器の土曜日”お越しいただきありがとうございました

昨日は大変蒸し暑い1日でしたが、駒込のアリーベイスさんでのイベント”本と器の土曜日”に立ち寄ってくださり、ありがとうございました!
元はといえばお客さんがつなげて下さったこの企画。ご近所のことほど知らないことも多いです。。。灯台下暗しというやつですね。
うつわも開放的な空間でみると、生き生きしていたような?!
全体の写真を撮っていなかった、、、。

今回は、古本屋さん3店とコーヒー屋さんとご一緒でした。
それぞれのお店は穏やかな店主の方々ですが、とても熱のこもった品揃えでした!
本当に本が好きなんだなあ〜
気がつけば小説を読まなくなっているなと感じていたので、読んでみる気がムクムクと湧き上がりました。
お店の方にそれとなく勧められるものを読んでみるのもいいもんだなあ〜
早速昨夜読み始めました。

コーヒー屋さんも今は焙煎に集中されているので豆の販売をされています。
現在は週に何日かいらっしゃるそうですので、ぜひアリーベイスさんに立ち寄ってみてはいかかがでしょう。
試飲もさせてもらえますよ〜
スッキリとしていますが濃さのあるコーヒーをいただきました!美味しい!

店舗ができる前はいろいろな場所で声をかけて下さったことが、相当の励みになっていたことは間違えありません。
もうイベントの出店は難しいと思っていたので、今回参加できて嬉しかったです。
久しぶりで反省点も多々ありますが、とても楽しくこの気持ちを忘れずにいたいなあと思います。
ご一緒できた皆さんと主催して下さったアリーベイスさんに感謝感謝です!!
月一で本のイベントは続いていくそうですよ。
皆さんとまたご一緒できたら、嬉しいです〜!

小声書房さん
一夜文庫さん
戸棚さん
珈琲ひりょうずさん


→ 標 しもと 

広告

6月のお休みのお知らせ

じわじわ〜と湿気が増しているのを感じますね。
急に冷えたりで風邪をひいていらっしゃる方も多いのでは??
先日はお客さんから庭で採れた梅を使ったジャムをいただきました!
梅酒だと飲めるのは少し先になってしまいますが、ジャムはすぐにいただけていいですね。
ジメジメを含め初夏を感じます〜

お知らせですが、インスタグラムもはじめました!
こちらが使いやすいという方は、ご利用ください!
shimotoshop です。
操作が得意ではないので、いろいろ読みずらいかと思いますが、、、
お店のことや入荷などはなるべく同じにしたいと思っています。
また今までインスタグラムに投稿いただきありがとうございます!

●6月は5日(火)12日(火)19日(火)26日(火)のお休みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
(通常火曜日定休及び仕入時休み、11時より18時半)

●今月9日(土)は、ご近所のアリーベイスさんにて開催の
『本と器の土曜日』に参加いたします!!(駒込のお店も営業)

月一で開催されている本のイベントに、今回はうつわもと声をかけていただき嬉しいです。
本好きの方もそうでない方も、どうぞお立ち寄りくださいー!美味しいコーヒーと共に。
アリーベイスさんは開放感のあるとっても素敵なコワーキングスペースです。  駒込に必要ー!  →HP 
ツイッターご利用の方はこちらをどうぞ~
→ツイッター 
駒込でもアリーベイスさんのある東公園や上富士、本駒込や千石への辺りはとても落ち着いたいいところです〜

明治時代瀬戸で作られていた浮き金魚。メダカもびっくり〜

 

「本と器の土曜日」開催のお知らせ。駒込アリーベイスさんにて

とってもご近所のAlley base(アリーベイス)さんで開催のイベントに参加させていただくことになりました!
アリーベイスさんは、コワーキングスペースでワークショップやイベントなどにも利用できる解放感のあるとっても素敵な空間です!仕事場や自宅から離れて集中したい時にいいだろうなあ〜
結構フリーランスの方々も多いようなので、こんなところが駒込にも必要だと思っていましたよ!!

通常も古本の販売をしており気軽に見ていただけるようになっています。
一箱ずつ各本屋さんが担当しているので、それぞれに熱のこもった内容です!
月一で本のイベントを開催していて、次回の6月9日の土曜日は当店のうつわなども一緒に加えていただけて嬉しいです。
自家焙煎コーヒーの販売の方もいらっしゃるので、どうぞ散歩がてらいらしてくださいね。
場所は、駒込東公園の西側と言ったらいいのかな。上富士交差点から斜めにアザレア通りに向かう坂道の途中です(逆でもいいです)。
いろいろ持って行きます!!
天気が良いのを願いつつ、、、

→ 標 しもと 

浅草「うんすけ」さんでの民具づくりと与那国島の唄のライブ

今週の頭に浅草「うんすけ」さんで行われたイベントに行ってきました。
速度の遅い台風が近畿地方周辺にいる前日、與那覇さんは宮古経由で台風を超え東京へ。

与那国島からお持ちいただいたクバの葉を水につけ、作業できるよう準備。
クバは島に広く自生する手のひらのように広がる葉が特徴のヤシの一種です。
笠や蓑、食用や建材にと活用されてきたそうです。泡盛の瓶に巻いてあるものも見かけますよね。
夏休みということもあり、お子さんもいらしてにぎやかなワークショップに。
皆さん真剣に與那覇さんの話を聞いていらっしゃいました。
首の長さによっては与那国馬〜キリンまで、、、想像にお任せのオーナメントやほうき、ウブルやかごなど思い思いの品を作っていらっしゃったようです。
近場にあるものを活用してつくられた生活に必要なありとあらゆるものを民具とよんでいるのだと理解しています。
ものづくりの原点といったら大げさですが、ふと忘れそうになるので、今は必需品ではなくとも残していけたらと願っています。

夜はライブ会場になりました。うんすけさんが用意してくれた甘いよい香りの泡盛「どなん43度」とおつまみを中心に、唄とお話がついていく感じです。酒があり唄がある、、、そんな感じで聞いて下さいと與那覇さん。
唄のいわれや節のことなどちょっと専門的な話も。
三線にのせる以前から伝わる唄は、三線なしで。言葉は分からずとも唄の意味を聞くと、伝わってきます。
民謡を勉強されているお客さんもいらして、終始リラックスした雰囲気でした。
あっという間でしたが与那国島に行ったような、そんな時間が味わえました。

→ 標 しもと 

八重山民具をつくってみよう~ 与那国ナイト in民藝咖哩うんすけ


店名の由来でもある口つきの壺が飾ってありますね。

浅草寺の裏手、千束商店街近くの「民藝咖哩うんすけ」さんにて、八重山民具のワークショップとライブが催されます!!
与那国島の與那覇 有羽(よはな ゆう)さんを迎え店主の嶋田さんが楽しい1日を計画!
当店にも民具を作っていただいているのですが、與那覇さんは民具づくりや保存といった活動を通して、島内外の方々に広く知っていただけるようにと日々奮闘される若きホープです〜また与那国島に伝わる唄を通して、伝統や文化の継承もされていくことと思います。

8月7日 (月)
「八重山民具をつくってみよう」
14:00 – 16:00

与那国より、島の方が材料を抱えてやってきます!
14時スタート(途中入場は14時半まで)
15時半終了。終了後、まったりタイムで島のお話をいろいろ伺いましょう。16時解散。(途中退場もOKです)

Aコース)
・ウブル、オーナメント作り
・作業時間 約1時間
・会費2,800円(お茶・お茶請け込み)

Bコース)
・ウブル、オーナメント、ほうき作り
・作業時間 約1時間半
・会費3,300円(お茶・お茶請け込み)

定員10名

「与那国ナイト」
19時オープン。19時半〜ライブ。
曲は分からなくとも盛り上がること間違えなしです!
嶋田さんの美味しい小皿料理と飲み物などお楽しみいただけますよ!
泡盛出るかなぁ〜
また、ワークショップとライブ両方参加したい!という方には、うんすけさんの角を曲がったところに曙湯という正統派の銭湯がありますので汗を流すのもよし、浅草参りをするのもよし、合羽橋で買い物をするのもよし、です〜

曲目予定
・若舟ディラバ
・どなんすんかに
・どなんとぅばるま
・どなん猫小
・旅果報節
・嫁入り唄
・どぅんた

民藝咖哩うんすけ
東京都 台東区浅草4丁目17−3

ご興味ある方は、ぜひぜひお問い合わせ下さいませー!
詳細、最新情報はこちらから。
「八重山民具をつくってみよう」
https://www.facebook.com/events/2002391720047502
「与那国ナイト」
https://www.facebook.com/events/116492955644395

→ 標 しもと 

ご飯茶碗と丼ぶりの特集中!

駒込の店では、ごはん茶碗と丼ぶりものをまとめてみました。
ごはんもののうつわといっても白飯、炊きこみやおこわ、お茶漬けと違うものを用意しても楽しいです。
またごはんの丼ぶりものをよくされる方は、一つあると便利です。

マカイもいろいろに使いやすいので、並べています。夏に余った素麺をにゅう麺に。5寸がちょうどあいました。そばうどん、ラーメン、具を多く、はそれ以上で。

image
image

 

 

→ 標 しもと 

ご飯茶碗、丼ぶり展示のお知らせ

ここ数日暑さも和らぎ、さわやかな風を感じるようになりました。
今回の東北岩手や北海道での台風被害もさることながら、これからもうひとつ九州へ上陸するとかで自然の厳しさを感じます。
東京で暮らす者としては、全国から届く農作物や物資をただただ頂くばかりです。

さて関連はない内容ですが、当店よりお知らせです。
明々後日9月7日(水)より、ご飯茶碗や丼ぶり類をまとめて見ていただこうかなと思います。
涼しくなってきたためか皆さんの食欲が戻ってきたのか(私もですが)、美味しいものが多くなるこの時節だからでしょうか、ご飯茶碗をもっと見たいという声もちらほら、、、
また例えば同じ4寸でも大きさや開き具合が違ったりと、よく使うものの一つなのでしっくりくるものが見つかれば、と思います〜

横田屋窯の展示は明日5日月曜まで。
翌6日火曜はお休みをいただきます。

 

→ 標 しもと