やちむんなかどまり工房さんの絵付け

今日も日差しが痛いくらいです!
あまりもう関係ないかな?と思っていましたが、まだまだ東京では旧暦でお盆休みを取る方や店も多いんだな〜と実感。
最高に暑いこの時期がいいのかもしれないです。人が消えている、という感じですが、、、

ところで最近送って頂いたやちむんなかどまり工房さんの絵付けをご紹介いたします。
沖縄のやきものの絵付けは、代表的な唐草や点打をはじめ実に豊富です。
琉球時代のやきものなどから取り入れた、多彩な技法との組み合わせも面白いです。
沖縄の陶器屋さんの方から、沖縄のやきものは(ある時代?)空間を埋めることが大事だったと伺いましたが、当時の流行りという意味なのかは分かりませんが、目一杯全体を覆うというのもとても合っていていいなと思います。
筆の勢いと共にいつも心おどる品々をありがとうございます!

→ 標 しもと 

広告

沖縄やちむんなかどまり工房より

沖縄のやちむんなかどまり工房さんより、久しぶりにやきものが届きました。
マカイ、皿類、カップ類などよく作るものもさらにシャープにスキッとしつつも柔らかさのある形です。
作っていらっしゃる方は作り続けているので、そうなのかな?と思うようですが、、、
細かなところにまで土の処理や扱いに気を配っていらっしゃると思います。

素地となる粘土、上がけする土、さらに釉薬。
収縮性の違いなどもあり、この層はどうなるのか。
表面や出来上がりに剥がれができたりうまくのらなかったり、材料が変わればまた様子が変わってしまうことも。
試行錯誤を繰り返し、、、といえば、まさにその通りだと思います!

→ 標 しもと 

沖縄のマカイ、形いろいろ

沖縄で使われてきたマカイというお碗は、ごはん、汁物、おかず類、麺類といろいろに使えるもの。
確かに何を盛ってもなじんでしまうという非常に懐の深いうつわです!
マッカイと呼んでいた地方もあるそうです。

大きさも大小ありますが、形もいろいろで厚みが均一でストンとした形や口が広がった形、丸みのある形、、、
同じ窯元さんでも変わっていくことも多いので、ぜひいろいろみてみてください!
便利で楽しいので気がついたら集まっていた、、、という方も多いのでは⁈

沖縄のやきもの特集は7日(木)でいったん終了いたします。
その後も一部は店内置いてありますので、引き続き見にいらして下さい〜〜

→ 標 しもと 

沖縄のやきもの特集

沖縄の北窯宮城正享工房と松田共司工房、横田屋窯のやきものが届きましたので、まとめてみました。種類によっては少なくすみません。

小さめのお皿類やマカイ(いろいろなものに使える碗)は、大きさがいろいろあるので見てもらえるといいかと思います。
沖縄に限らず力強いうつわ、健康的なうつわ、、、などと表現としてよく使われますが、どういったものなのか、と思うと形は非常に大事だなと感じます。
平行でなかったり、ゆがんでいたり、形もばらつきがあったりするものも多いのですが、、、
使ってみていいなと思うものがあるといいです。

マグカップはたっぷりとしたもの。
取っ手の部分にはオーグスヤーと呼ばれる青緑色の釉薬がかかってることが多いです。
ストンとした形はビールにも良いのかな?!

ぜひどうぞ〜

→ 標 しもと 

沖縄のワンブーや鉢

沖縄からも入荷があり鉢類がいろいろ集まりました。
沖縄でよく使われていたワンブーと呼ばれる口が広がった鉢は、フチのあるものが多いです。
こねたりに使っていたのでかなり大きなサイズのものも多かったようです。
厚手のものが多いですが土の量の多さからくる存在感も楽しんでいただけたら。
ちょっとしたものも美味しく見え、少し大きめなものはカレーやスープなどの汁物にもいいかなと思います。
元気をもらいますよ。

壺屋の博物館には古いものが展示されていました。
手に掛けやすいようにフチがある、と解説されていますね。

 

→ 標 しもと 

沖縄へ

早くもゴールデンウィークが近いですね。本当に早い!
今月はバタバタしておりましたが、沖縄と広島から松山への旅がありました。
沖縄は親の長年の友人に会うことが目的だったので、いろいろ見ることはできませんでしたが、ひめゆりの塔は何度訪れてもいいです。

北窯の風通しの良い工房や窯出しが終わりなんとなしにホッとしているかのような大連房の登り窯。

横田屋窯さんでは、ちょうど窯出しの最中。かなり忙しい日にお邪魔してしまいました。
まだ閉じている部屋もあり、次々と出されるやきものを並べるだけでも大変な作業。
気温が上がっているだけだと思うのですが、出されたやきものがまだ温かいような気さえしてしまいます。
重ねて焼いても釉薬がつかないよう蛇の目(輪状)に表面を削る作業がありますが、一番上に置くものはその作業が必要ないため跡がありません。
窯から出してそのままに並んだお皿類を見るとよくわかります。
どれくらい重ねても大丈夫なのか、大きなお皿では割れやすいのではなど気になりますが、、、高台が柱の役目をすると北窯の宮城さんのお話です。なるほどなあ。

→ 標 しもと 

沖縄の北窯宮城正享工房より入荷のお知らせ

とっても久しぶりに沖縄の北窯宮城正享工房から、ごく少量ですがやきものが入りました。
今までのものと合わせて展示しております。
お皿やマカイはあまりありませんが、ワンブーが中でも揃っている方です。
あまり見かけないところでは、アイスクリーム入。長い高台のお供えや祝杯などにも良さそうな雰囲気です。
焼きしめの花入れも沖縄の土そのままといった感じで、植物の色が映えます。口が狭いので気軽に花を挿すのに便利な形。

お近くにいらっしゃるようなことがあれば、ぜひ見にいらしてください!
宮城さんのやきものは、使っているとなんだかパワーをもらえる感じがいたします!!
長いお皿類も増えましたので合わせてみていただけたらと思います。

最近の宮城工房(窯出し後なのでちょっと雑然としています。)

→ 標 しもと