柳宗悦の声 ~NHKカルチャーラジオ

NHKカルチャーラジオ「声でつづる昭和人物史~柳宗悦(1)(2)」
すでに放送は終了していますが、ありがたいことに聴き逃し配信をしております!


柳宗悦の肉声はあまり残っていないようです。
書いたものの言葉とはまた違い、分かりやすくすっと入ってきます。
単に日本や諸国に残された美しい品を残そうとしたわけではなく、民藝運動を通じて何を訴えたかったのか。今日にもなお通ずる世の平和を願う者の言葉です。
分かりやすく紹介しており、この機会に(1)(2)合わせてぜひぜひ聴いてみてください!
また翌週につづく宮本常一他、様々な方の声が聴けるシリーズです。


「声でつづる昭和人物史~柳宗悦(1)」
2021年4月26日(月) 午後9時配信終了

「声でつづる昭和人物史~柳宗悦(2)」
2021年5月3日(月) 午後9時配信終了

14日(日)から16日(火)までお休みをいただきます

東日本大震災より10年が経ちました。
この時間はどのような時間だっただろう。
陸前高田の高田松原では、海水浴場がオープンされるとか。松の木の苗もずいぶん大きくなっていましたね。嬉しい知らせです。

誠に勝手ながら3月14日(日)〜16(火)お休みをいただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
(通常火曜日定休及び仕入時休み、11時より18時半)

大きめの鉢

同じ大きさでもお皿とは違う存在感のある鉢類。

中に入る食べものとなじんでごちそうに。熟しを待つ果物を置くなどしてもいいですね。

沖縄の陶器はとっても元気が出ます!

木目いろいろ

もう少し栃のお皿を送ってもらいました。
簡単なオイル仕上げです。

水分や油分でみえてくる木目はいろいろ。自然にできたものはやはり引き込まれてしまいます。
皆さんかなり迷われるようです。
じっくり迷って下さいね!

ふたもの

たいへん通気性の良い編み組みのふたもの。身よりひと回り大きな深いふたでしっかり。開ける時の何ともいえない軟らかさ。

小さいものはお弁当や小物に、大きいものは衣服を入れる行李まで。まだ作っいるという話を耳にししみじみと。

 

吹きガラスを少し

この冬は例年より暖かく春の訪れも早いかな?
少しずつグラスを聞かれるようになりました。
特に光の移り変わりが直に感じられる頃。
いろいろな飲み物を入れて楽しんで下さいね!

3月の営業のお知らせ

気づいたら新芽がむくむく。土中では動いていたのか。。。
驚きの多いこの時期です。
我々もいつも通りに、といきたいものですね。

3月は毎火曜日休みです。14日(日)〜16(火)もお休みをいただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
(通常火曜日定休及び仕入時休み、11時より18時半)


平野を走る一車両の真岡鐵道。トコトコとてもいい光景です。
100周年とのことですね。土日は予約制かもしれませんがSLも走ります!

棚などの間に

薄いかごやざるは、本棚や戸棚のちょっととしたすき間にも入れられ便利におつかいただけます。
よく使うものを載せておいても分かりやすいです。
また階段、ベッド、家具の下にも高さが合えば活躍すると思います!

山椒のすりこぎ棒とあわせて

益子から山椒のすりこぎ棒も入りました。
30cmまでの長さで揃いました。
細いものもありますがお値段少し奮発しても当たる面が広い=太い方が格段に早く作業が進みます。
地元で採れた山椒をじっくり時間をかけ干してすりこぎ棒に。
山椒は程よい硬さで擦りやすく好評いただいております。

すり鉢の小さなものは少し擦りたい時に。
手持ちのすり鉢がございましたら持って来て頂くと合わせやすいです。
胡麻和え白和えなどの他、ハーブ類などと共にソースを作ったり離乳食作りにも使っていただいているそう。
次々材料を加えられるのが便利なところ、合えてそのまま食卓へでもよいかな。

益子より寒竹のざるとかご

益子から寒竹を使ったざるとかごが入りました。
竜巻や雷が多い?那須から茂木この辺りにかけてでしょうか、この日は風が強かった!
寒く澄んだ空気に青空は心地よく、フキノトウや福寿草も顔をのぞかせています。
地元の方にとったらどうということもないのでしょうが。。。

寒竹細工も春の訪れとともに終えます。
秋から冬にかけて山や林に入り材料を採ったら2、3日の内に形にしてしまわなければなりません。
どんどん硬くなり折れてしまいかたちにならないからです。
水分のあるうちに曲げるわけですが、しっかりしまったものを作るには勘所をおさえていなければ良いかたちに仕上げられない気がします。
春からは田んぼのどじょうの仕掛けづくりがはじまるそう!
まだ青い香りを楽しめますよ!