丸ふちのお盆

丸ふちのお盆が届きました。
八寸(約24cm)と九寸(約27cm)がございます。
栃の素地に漆をのせて乾かしますが、乾ききらない?余分な漆を拭き取りさらに重ねていきます。
目も程よくふさがり濃淡とつやが出てまいります。
栃のやわらかさと木目も楽しめ使いやすいかと思います。
箱も地元で作っているところがあるとのことでお願いしました。
箱代をいただきますが贈り物に、というときはお声がけ下さい。

また、丸額縁も贈り物に。
こちらは箱がついています。

簡素ではありますがラッピングも承っておりますので、どうぞお知らせくださいませ。




月の下で

明日は中秋の名月の日にあたるそうですね。ことさらこの満月は美しいとされてきたのでしょうね。
明日はくもりのようですが、数日の内には楽しめる夜もあるといいです〜

気温もふっと落ちて普段お酒を召し上がらない方でも少しいかがでしょうか。
沖縄のカラカラは、生のまま初めの一杯や祝い酒にもいいものです。泡盛のほか梅酒などもいいかも。
注ぎの加減がしやすいので焼酎ロックが定番の方にはいいと風の噂です。。
一合二合徳利は、常温や温かいお酒がお好きな方はいいかも。
冷酒党の方はガラスも。
少しだけ折り目正しく。。という楽しみ。お団子もあったらなあ。




大小のふたもの

大小共に漬物梅干しや佃煮にぴったりのふたもの。
小さいものは塩や調味料、ラー油など卓上でもよさそうな。
大きいものは粉物やお菓子を入れにも。

丸みのあるもの、縦長、肩の張ったもの、口の広いもの。
開けたり閉めたりがなぜかたのしい。。




飴釉のうつわ





やきものの代表的な釉薬の飴釉。
呼び名ですが窯ごとにもまた仕上がりによっても違って幅広い色合いです。
お使いいただくうちに落ち着いた感じにもなり、やさしく温かです。

最近のうつわを紹介する雑誌には、コーヒー色、キャラメル色、マスタード色とありなるほど。。と感心してしまいました。美味しそう。

9月の営業のお知らせ

陽が短くなり始めて少しずつしのぎやすくなりましたが。。皆さまいかがお過ごしでしょうか。
酷い暑い中にも寄って頂き恐縮です。。。

9月も毎火曜日お休みです。
もし臨時休業があるようでしたら追ってお知らせいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
(通常火曜日定休及び仕入時休み、11時より18時半)


小鹿田焼の小皿。半寸ずつ大きさ違いがあります。
何気ないけれどいいなと思います。裏も横も。

ごくごくと飲みたいときに

もうしばらくは湿度の高い日が続きそうです。
何かぐーっと飲みたい時に。
左は氷をたくさん入れて酎ハイやハイボールなどにいいグラス。容量は350mlくらい。
他ビールやロックによさそうなグラス。300~180mlくらいです。

ジュースや麦茶、アイスクリームなどのデザートにも。
色違いのものもあるのでよさそうなのをみてみてくださいね!


またたびの深ざると小豆こしざる

またたびのざるは収穫やふるいの代わりに使われたり、農作業にも多く使われてきました。
生活用品としてもきっと色々使われていたのでしょうね。
小豆こしざるは、茹でた小豆を漉したり選別したりに使うそうです。
そのため口は広く底に向かってせまくなっていく形をしています。
深ざるは、底が広めで側面に丸さがあります。
編み方もこの形にするためだと思いますが違いがあります。

片口〜小鹿田焼より

小鉢や鉢に加え片口も食卓を彩ります。
深さのあるものや丸みがあったり。
口がついている形は愛嬌あり。
お好きなものを入れてみて下さいね!

「アーリーバード・アクロス Summer2022」お越し頂きありがとうございました





遅くなりましたがアーリーバード・アクロスさんでの展示&喫茶にお越し頂きありがとうございました。
コロナの動向も気になりながらの開催でしたが、無事終えることができほっとしているところです!
梅雨の終わりから秋の始まりまで。。かなり暑い日にも寄って頂き申し訳ないような。。

また長い期間主催者のアーリーバード・アクロスさんにはお世話になりました。
私が説明するより分かりやすい。。
これからも落語やコンサートなどが続くそうです!
演者の方々との近さがファンにはたまらない空間です〜

最後になりましたが、購入いただいた品々についてご質問やお問い合わせなどございましたら、いつでもお知らせ下さい。どうぞよろしくお願い致します。




アーリーバード・アクロス
豊島区駒込1−40−14
JR山手線/東京メトロ駒込駅南口より徒歩2分
劇団東俳道挟んでとなり