緑いろ

緑釉はよく使われる釉の一つですが、色合いは様々です。
鶯色から濃いものは抹茶のような。。青みがあるものも。
木灰や金属から最終的にはこんな色ができあがるなんて。
今回はお皿をご紹介いたしましたが色々なところに使われているので、見てみて下さい!
使っていくと渋くなじんで、またいい色合いに。

岩手の小久慈焼

以前訪れた際にお頼みしたものなどが届きました。
もみ殻灰から作る糠白釉と砂鉄分の多い地層からとれる鉱物を使った飴釉。
型ものも多く手掛けていらっしゃいます。
十二角の鉢は、小鉢より大きさがあるので色々入りそうです。
小さめのどんぶりは鉢としてもいい大きさです。
釉のやわらかい濃淡をお楽しみ下さい〜

岩手小久慈焼より

小久慈焼の窯元さんから、リムのあるお皿が届きました。
ケーキやパン、サラダやおかずをのせたりに良さそうな大きさです。
糠白釉と呼ばれるふわっとした乳白色の色合いは光によって違って見えるかも。
粘土の色もみえていい色合いに。
写真の色もちょっと違うかな。。。

小久慈焼の窯元さんは一軒のみ。
ろくろの品、型物の品つくっていて、こちらは型物の品。
「夏のお気に入り店」にも置いておりますので、ぜひそちらでもご覧ください!

熊本のふもと窯展示のお知らせ

熊本のふもと窯さんのやきものが並びました。
ふわ〜っとした色合いのものも多く、一点一点見飽きません。
お持ちのものの仲間にはどれがいいだろうーと考えるのも楽しいと思います。

数が比較的あるのは、飯碗やどんぶり類、そば猪口にすり鉢、、、
小代焼のどんぶり類は煮物やおかずなどにも映える形かなと思います。
ぜひいろいろ見ていただけたらと思います!



 

→ 標 しもと 

1月のお休みのお知らせ

今日は成人の日。朝から振袖姿のお嬢さんを見かけ、得した?気分に。
徐々に正月気分も抜けてくる頃でしょうか、、、。
当店も営業を始め、皆さんでお屠蘇を頂きました。
甘くない養命酒とお客さんがおっしゃていて、その通りですね。

昨年の暮れに熊本のふもと窯さんの窯出しがあるということで伺いました。
焼きあがったうつわの底などの手入れをされているところでもありましたが、年内の仕事もあらかた終えてみなさんホッとされていた様子。
窯はしばしお休みではありますが、前の道は小岱山へ続く登山ルートにもなっているそうで正月にも人の往来があるのだそうです。

その後大分の小鹿田焼の里を訪ねました。
小鹿田の里は川が増水し原土や杵臼などが流れるなどの被害がありましたが、家は流されずに皆さんもご無事だったことは何よりだったなと思いました。写真があれば分かりやすかったのですが、ふもとの学校などある小野地区あたりは山間部から民家にかけての土砂崩れがひどく恐ろしさを感じました。土砂が道をふさいでしまい、田畑や住宅もダムに浸かったようだったそうです。まだまだ大規模な工事中が何箇所かありましたが、道も整備が進み本当にここ最近になって少しずつ元の生活に戻ってきているなという感じなのだそうです。

今月のお休みは以下の通りです。間に長いお休みを頂いてしまいます。
どうぞよろしくお願いいたします。
1月9日(火)、1月16日(火)~23日(火)、30日(火)を、誠に勝手ながら駒込の店舗はお休みをいただきます。
(通常火曜日定休及び仕入時休み、11時より18時半)

またネットショップは1月16日(火)~22日(月)の期間お休みをいただきます。
(休み前の発送は15日(月)です。前後するお客様はどうぞご相談下さいませ)
どうぞよろしくお願いいたします。

→ 標 しもと 

8月の休業日のお知らせ

せみの声も聞こえてまいりました、、、この夏は曇りの日が多く楽ではありますが、日照り不足になりそうな気もいたします。
小鹿田の里も大変な被害となりましたが、近くの小石原焼、高取焼の里もまた大変な思いをされたことと思います。
お客様からも心配されてずいぶん声をかけていただきました。わずかですが売り上げの一部を貯めて、今度の訪問の際にお渡ししようと思います。
また取り扱いのあるお店でも寄付などを募っていらっしゃるそうなので、気になっていらっしゃる方はいかがかと思います。

ー今月の休業日のお知らせですー
8月8日(火)15日(火)22日(火)、並びに28 日(月)~30日(水)の期間、誠に勝手ながら駒込の店舗をお休みさせていただきます。
(ネットショップは期間中もご注文いただけますが、在庫等休み明けにご連絡させていただきます)
どうぞよろしくお願いいたします。
※通常火曜日定休及び仕入時休み、11時より18時半

壁掛けにもなる小さい花入

→ 標 しもと 

益子焼大誠窯より

店内のテーブルは、益子焼の大誠窯さんのやきものを中心にほぼ入れ替えました。
益子で使われる釉薬、黒、柿、飴、糠白、糠白青磁を中心に、最近は土を数種つくっているようです。
とてもシンプルで大胆なので、土と釉薬の勝負といえるかもしれません。
今回頂いて来たものを含めた写真ですが、ついきれいなのでアップにしてしまい大きさが同じに、、、すみません。
サイズ等気になるものがございましたら、お問合せ下さい。

 

 

→ 標 しもと 

春らしい献立

お客様より写真を送って頂きました。
いっきに春が来たような献立、とても素敵です!

小鹿田焼の片口には、アボカドと菜の花のサラダを盛られたとのこと。
美味しそうです!!
他の日には、高野豆腐の煮もの、鍋物の取り皿にしたり、
納豆入れやドレッシング入れとしてもお使い頂いているそうです。
お料理上手なのですね!
メインのお魚に小鹿田焼の刷毛目皿、こちらもあいますね〜
使い方や、お料理をお聞きするのがとても嬉しいです。
私も真似しようっと!

写真本当にありがとうございました!!

→ 標 しもと 

「春野菜のはえるうつわ」エバジャムさんにて

寒い暖かいをくりかえしているうち、少しずつ春が近づいているのかな〜なんて思っていますが、
窯元さんや作り手の方々から地元の天候の話しをきいていると、とっても早く感じます。
皆さまは、いかがお過ごしでしょうか?

この度、三鷹のエバジャムさんの不定期販売日にあわせて、うつわの販売をさせてもらうことになりました!
ちょうど2年前にもさせていただいて、今回また声をかけて頂き嬉しいです。
「春野菜のはえるうつわ」とテーマもいただいて、あれこれ選んでいるところです!

エバジャムさんの手づくりジャムは優しい味。
日本各地から取り寄せた果物をたっぷり使っていて、ひとひねりある組合わせのものも!
当日は焼き菓子も予定しているそうですよ〜
ぜひお待ちしております!
天気が良いといいなあ〜

●2月27日(土)
11〜17じ
武蔵野市西久保3−9−15
三鷹駅北口より徒歩10〜15分

 

エバジャム → 

DSC_0017

P1030835

 

 

 

 

 

 

 

 

→ 標 しもと 

大寒に甘酒

今日は大寒だそうですね。
一年で一番寒い時期ということでしょうか。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。私は風邪をひいてしまいました、、、

冬場は家でゆっくり過ごすのもいいですね。
甘酒をたっぷり。お好みでしょうがを。
余った日本酒をさらに加えても。


小鹿田焼坂本義孝窯の大きな湯のみ。
柳瀬朝夫窯の小さなおろし。

→ 標 しもと