伊賀丸柱を訪ねて

三重県上野城のある上野の町は、大阪と京都へわかれる路と、東海道との分岐点でもある伊賀街道のなごりが、まだまだ町並みに残ります。お醤油、玉みそ、履物やに麹やなど今も商家として健在です。
伊賀モノといえば、忍者・・・ということで、この時はちょうど街中が忍者フェスの装い!
皆さん忍者の格好でお出迎えでした。

IMG_1688IMG_1725


IMG_1726

 

伊賀焼の中心である丸柱は、市内から北に15キロ程。
三田の山や峠と地元の方が呼ぶような、山道を一気にあがったその奥です。とても外からは町があるようには思えません。かつては、この山道を下り(さらに登り?)釜飯用の釜を木曽の方まで売りにいったそうです。
今は、京都や奈良が近いこともあり、業者さんも入ってきているようです。
丸柱から、伊賀焼の窯元さんは周囲の地区に広がっていらっしゃいます。
おそらく伊賀焼はいくつもの土や粘土を混ぜるため、適した土はかなり広い範囲で採れるためかと思われます。
また伊賀焼の古陶は、背中合わせの滋賀県信楽焼と区別がないもので、同じ土を使って一帯でつくっていたものです。

ちょうど水田の田植えの準備の時分でした。
峠を上がりきると、かなりなだらかな風景が広がります。
茶陶として今も愛される伊賀焼ですが、同時に土瓶や土鍋、行平などといった火に直接かけて使用できるものを、多くつくってきました。伊賀の土は、直火で使用するものに適しているのでしょう。
家庭にガスが入りアルミやステンレスのなどの金属製の鍋などが広まる前のことです。この流れは、もちろん伊賀だけのことではありません。

今これからどんなものが、残ってゆくのか・・・いろいろと難しい面を考えるとキリがありません。
お茶事の中で使われていくもの、旅館や飲食店などで使われるもの、鑑賞用の作品として、伝統工芸として、民芸として、家庭用のうつわとしての切り口。それから業務用の管や水回りの製品、建材もあります。
裏を返せば、焼きものはこれだけの幅があるということでもあります。

波佐見焼の窯元さんのお話で、流行の影で偏りすぎることなく、(時代や流行が)どう転んでもいいように技術だけは、細々とでも残しておかないと、、、残しておけば次の波が来た時もなんとか対応できるからね。とおっしゃっていたのを思い出します。
また、技術は人の中に眠るものなので人が続いていくこと大切さ、あとは土さえあれば!
焼きものの産地をいくつか廻っただけですが、生意気なりにも思うことがあって、窯元さんの言葉は本当にそうだなあと感じているところです。

IMG_1698IMG_1721

 

→ 標 しもと 

第93回 益子春の陶器市は今日から!

益子の大誠窯さんの、窯に火が入り昨日お邪魔いたしました。

山ツツジが所々にみえる益子の町は、翌日からの陶器市の準備でテントが張られ、陶器も並びはじめていました。
ことしは、例年より期間が長いそうです!
バスはかなりの渋滞になるため、おすすめではありません、、、
大誠窯さんに行かれる方は、今回焼かれたものは冷やして来週の月火くらいになるかも、というお話でした。
ぜひこの機会に、益子の町を見に行って下さい〜
陶器を買わずとも楽しめますよ!

 

93回目を迎える2014年春の益子陶器市は、4月26 日(土)~5月6日(火)〔11日間〕

→ 標 しもと 

 

IMG_1630 IMG_1620

沖縄 2月

遅ればせながら、2月の沖縄の様子をお伝えしたいと思っています。
飛び飛びのアップになると思います。
すみません!

琉球あさがおが、次々と咲いていました。
咲き終わりの種を見つけようと思ったのですが、見つかりませんでした。残念!
IMG_1384 IMG_1387

→ 標 しもと 

エバジャムさんでの、春の陶器市

エバジャムさんでの春の陶器市は、本当にたくさんの方々に来て頂きました。
ありがとうございました!

買って頂いた器や、お店に関することなど、質問などございましたらお気軽に連絡を下さい。
また皆さまにお会いできるのを、楽しみにしております。

エバジャムさんは、こちらから~
http://blogs.dion.ne.jp/evajam/

べにや

→ 標 しもと 

16日日曜日、陶器市のお休み

エバジャムさんでの、16日日曜日の陶器市は都合によりお休みさせて頂きます。
エバジャムさんもお休みです。
予定されていた方、ご足労をおかけいたします。
べにや

春の陶器市、初日!

エバジャムさんで、昨日より始まっています。
多くの方に来ていただき、うれしい限りです。
本日9日、来週の土日の15、16も続きますー!

IMG_1524 IMG_1525

→ 標 しもと 

エバジャムさん

3月の第2と3の二週にわたって、土日にエバジャムさんの工房兼店舗内で、陶器の販売ができることになりました。
エバジャムさんは、季節の国産フルーツにこだわっていて、収穫の時期も考えて選ばれています。
平日はひたすら仕込みに徹し、週末のみ販売のお店です。
季節感をジャムで味わえる、珍しいお店かもしれないですね。
フルーツのおいしさが、一番味わえる程度の甘さにおさえてあるのだと思います。

ジャム以外にも、焼き菓子やアイスクリーム(一年中!!)などもあります。
材料の組合わせのおいしそうなこと!!
聞くだけでよだれが、、、

随時違ったメニューですので、まずはブログのチェックを!
焼き菓子は、その日その日で焼いたものが中心ですので、早めになくなることも多いですよ〜
お店は三鷹駅より10分程歩いたところです。

エバジャム →
http://blogs.dion.ne.jp/evajam/

DSC_0017

P1040237

P1030835

→ 標 しもと 

かわるやきもの、 育つやきもの。

古い陶磁器をみていますと、色が落ち着いて何ともいえない美しさを感じることがあります。

どのように使われていたのか、どんな所に保管していたのか、によってずいぶん様子も違うようです。

長年土の中にうまっていたもの、液体に浸かっていたものは、シミのように色がついたりします。

こういった部分を含めて”景色”などといって愛で、鑑賞の対象になるようですが、”よごれ”ととらえるかどうかは、その方の感覚によると思います。

古いものが苦手という感覚もあるでしょう。

新しいものを買い、使っていくうちに変わっていくうつわをみていくのは、また違った楽しさです。

何年かかかるので、使っている本人は”気づいたら・・・”という感じだと思いますが、何となく色がなじんできたり、ギラギラした感じがなくなったり、、、

何となく軽くなったような気さえします。

磁器よりも陶器の方が、そんな感覚をより味わえるかもしれません。

→ 標 しもと 

一番の理解者

焼きものをつくられている窯元さんを訪ねますと、「よく来てくれたね」と迎えてくれます。
地元のおいしいお店を教えて頂いたり、自転車を貸して頂いたり、駅まで送って頂いたり・・・

私が訪ねる窯元さんは、ご家族での活動が中心です。
「焼きものをつくる」以外のことはほとんど、実は女性の皆さんが気をまわしていらっしゃいます。
梱包から対外的な連絡云々、ごはんづくりから在庫の管理等々。
土作りや絵つけをされている方もいらっしゃいます。
本当に皆さん、すごい働き者なのです。
そして、焼きものの一番の理解者です。
女性の協力なしでは、難しい!
訪れる度、そう思います。

→ 標 しもと 

もともとの用途

古いものについて、最終的にはどうでもよいことですが、元々は何の目的で造られたものなのか気になります。
また、どういった使われ方、組合わせはどうだったのか、どんな立場の人が使っていたのか?知ると面白いです。
その時代に思いをめぐらせてます。

由緒あるものであれば、かなりはっきりと分かるのでしょうが、私がみているようなものは、分からないことも多いです。
用途がハッキリしているものは、大きさや形がある程度決まっています。
当時の人が存在すら知る由もなかったものを、場所や時代を超えて見たり手にしたりすることができるのは、うれしいことです。
ある伊万里の業者さんがおっしゃっていたのは、江戸期にすごく人気があった柄ほど、今は人気がないねえ・・・と。
技術にともなった品質の善し悪しや価値とは別に、時代の好みというものもあるのですね。

→ 標 しもと