9月のお休みのお知らせ

9月のお休みのお知らせです。
毎火曜お休みさせていただきます。お知らせ遅くなりすみません。。。

どうぞよろしくお願い致します。
(通常火曜日定休及び仕入時休み、11時より18時半)

→ 標 しもと 

広告

大分小鹿田焼 黒木富雄窯より

こちらもご紹介遅くなってしまいました。大分県小鹿田焼の黒木富雄窯よりいろいろ届きました。
改めてこうして並べてみると、日増しに湿気を感じるこの頃ですがさーっとさわやかに。
大きさ分かりづらいと思いますが、大きいお皿は8寸。大きいツボは5合。手前は盃です、、、
ピッチャーは花入れにと考えていらっしゃる方もいらっしゃいますか。陶器はお花が保つのでオススメです!
店内出しきれていないものもあるので、お気軽にお知らせください〜

→ 標 しもと 

小鹿田焼 坂本工窯の特集

今日など日差しも強く屋外は暑いくらい。来週はまた天気が崩れるとか。
店舗では坂本工窯より届いた品々を中心に展示中。
今回は四合五合のつぼや五寸の灰皿も。
お皿類が多いですが、大きめなものはいろいろなタイプがあり、取り皿に良いくらいの大きさのものは揃ってお探しの方に良さそうです。ぜひどうぞ!!

→ 標 しもと 

大分小鹿田焼 坂本工窯より

小鹿田焼の坂本工窯より久しぶりに入荷がありました。
まだ出しきれていないですが、7寸皿はいろいろ送っていただきました。
8寸とともに出番の多い大きさでしょうか。
見ているだけで楽しいです。

色味のあるものは少ないですがフチの形が何種かあり、幅の広いものから細いもの、フチ重ねのものも。
最近では通常のものは少しへりをもたせている形が多いのかな。
作る作業や窯焚きなどで形状がちがうと何かと気を使いそうに思うけど、そうでもないのかな。
裏面の削りにもギリギリまで気を配っていらっしゃるのだと思います。
さっぱりとし盛り付けた料理が引き立ちそうです。

→ 標 しもと 

小鹿田焼の白い皿

飛びカンナや刷毛目の技法が取り入れられる以前の、流し掛けや打ち掛けの技法が多く使われていた頃には白土はあまり使われなかったのかなと古いものを見ると思うのですが、どうなのでしょう。
白土を生かしたお皿類。とても白いものもありますが見ていると仕上がりの色も様々で見あきません。形も、なぜでしょうね。
なんでもどうぞ〜と言っているかのような笑。

→ 標 しもと 

大分小鹿田焼より

小鹿田焼の坂本義孝窯より以前お頼みしていたやきものが届きました。
品薄だった小皿類や浅めの鉢類も大きさがいろいろ揃っております。
今回は白い飛びかんなのものが占めておりテーブルが明るく感じます。白といっても仕上がりはいろいろで、使い込むとまたしっとりした感じの色合いをお楽しみいただけるかと思います。
他の窯とも合わせてご覧下さいませ。

また与那国島のクバの葉を使ったウブルもたくさん届きました。
大きさ形いろいろございますので、こちらもぜひどうぞ!

→ 標 しもと 

1月のお休みのお知らせ

今日は成人の日。朝から振袖姿のお嬢さんを見かけ、得した?気分に。
徐々に正月気分も抜けてくる頃でしょうか、、、。
当店も営業を始め、皆さんでお屠蘇を頂きました。
甘くない養命酒とお客さんがおっしゃていて、その通りですね。

昨年の暮れに熊本のふもと窯さんの窯出しがあるということで伺いました。
焼きあがったうつわの底などの手入れをされているところでもありましたが、年内の仕事もあらかた終えてみなさんホッとされていた様子。
窯はしばしお休みではありますが、前の道は小岱山へ続く登山ルートにもなっているそうで正月にも人の往来があるのだそうです。

その後大分の小鹿田焼の里を訪ねました。
小鹿田の里は川が増水し原土や杵臼などが流れるなどの被害がありましたが、家は流されずに皆さんもご無事だったことは何よりだったなと思いました。写真があれば分かりやすかったのですが、ふもとの学校などある小野地区あたりは山間部から民家にかけての土砂崩れがひどく恐ろしさを感じました。土砂が道をふさいでしまい、田畑や住宅もダムに浸かったようだったそうです。まだまだ大規模な工事中が何箇所かありましたが、道も整備が進み本当にここ最近になって少しずつ元の生活に戻ってきているなという感じなのだそうです。

今月のお休みは以下の通りです。間に長いお休みを頂いてしまいます。
どうぞよろしくお願いいたします。
1月9日(火)、1月16日(火)~23日(火)、30日(火)を、誠に勝手ながら駒込の店舗はお休みをいただきます。
(通常火曜日定休及び仕入時休み、11時より18時半)

またネットショップは1月16日(火)~22日(月)の期間お休みをいただきます。
(休み前の発送は15日(月)です。前後するお客様はどうぞご相談下さいませ)
どうぞよろしくお願いいたします。

→ 標 しもと