伊賀丸柱を訪ねて

三重県上野城のある上野の町は、大阪と京都へわかれる路と、東海道との分岐点でもある伊賀街道のなごりが、まだまだ町並みに残ります。お醤油、玉みそ、履物やに麹やなど今も商家として健在です。
伊賀モノといえば、忍者・・・ということで、この時はちょうど街中が忍者フェスの装い!
皆さん忍者の格好でお出迎えでした。

IMG_1688IMG_1725


IMG_1726

 

伊賀焼の中心である丸柱は、市内から北に15キロ程。
三田の山や峠と地元の方が呼ぶような、山道を一気にあがったその奥です。とても外からは町があるようには思えません。かつては、この山道を下り(さらに登り?)釜飯用の釜を木曽の方まで売りにいったそうです。
今は、京都や奈良が近いこともあり、業者さんも入ってきているようです。
丸柱から、伊賀焼の窯元さんは周囲の地区に広がっていらっしゃいます。
おそらく伊賀焼はいくつもの土や粘土を混ぜるため、適した土はかなり広い範囲で採れるためかと思われます。
また伊賀焼の古陶は、背中合わせの滋賀県信楽焼と区別がないもので、同じ土を使って一帯でつくっていたものです。

ちょうど水田の田植えの準備の時分でした。
峠を上がりきると、かなりなだらかな風景が広がります。
茶陶として今も愛される伊賀焼ですが、同時に土瓶や土鍋、行平などといった火に直接かけて使用できるものを、多くつくってきました。伊賀の土は、直火で使用するものに適しているのでしょう。
家庭にガスが入りアルミやステンレスのなどの金属製の鍋などが広まる前のことです。この流れは、もちろん伊賀だけのことではありません。

今これからどんなものが、残ってゆくのか・・・いろいろと難しい面を考えるとキリがありません。
お茶事の中で使われていくもの、旅館や飲食店などで使われるもの、鑑賞用の作品として、伝統工芸として、民芸として、家庭用のうつわとしての切り口。それから業務用の管や水回りの製品、建材もあります。
裏を返せば、焼きものはこれだけの幅があるということでもあります。

波佐見焼の窯元さんのお話で、流行の影で偏りすぎることなく、(時代や流行が)どう転んでもいいように技術だけは、細々とでも残しておかないと、、、残しておけば次の波が来た時もなんとか対応できるからね。とおっしゃっていたのを思い出します。
また、技術は人の中に眠るものなので人が続いていくこと大切さ、あとは土さえあれば!
焼きものの産地をいくつか廻っただけですが、生意気なりにも思うことがあって、窯元さんの言葉は本当にそうだなあと感じているところです。

IMG_1698IMG_1721

 

→ 標 しもと 

赤津焼 鬼板

利山窯の小林さんが、よく使われる銹(さび)又は鉄と呼んでいらっしゃる材料”鬼板”見せて下さいました。
( 瀬戸地方では、一般的な呼び方だと本にありました。志野焼にも使われるそうです)
砕いて、すりつぶし粉状にして水に溶かして使います。
とてもシンプルな顔料ですね!
小林さんは「錆びた釘とかでも、いけるんと違うかな〜」とおっしゃっていました。

利山窯のさび十草模様も、この材料でつくられた顔料を使っています。
近郊の山の断面の層から産出されるものだそうで、鉄が固まったような板状のもの。
山あいにも家が建つようになってきたため、どんどん切り出すのが難しくなってきているそうです。
自然の顔料なので、色を薄くしてもとてもきれいな茶色っぽいグレーが出ます。

うつわの口回りに縁どりがあるものを、口銹とよんだりします。
これがあるとないのとでは、印象はかなり違います。

→ 標 しもと 

IMG_1577

IMG_1578

益子焼 柿釉

益子焼でフタつきの瓶など古くから使われてきた褐色の釉薬といえば、柿釉です。
柿赤釉とも呼ばれるそうです。
益子からほど近い芦沼地方から産出される、芦沼石のみを砕いてつくられる釉薬です。
火山灰がふりつもって出来あがった石で、鉄分を多く含んでいるのだそうです。
登り窯で焼かれますとなおのこと、地の土の成分とも関係するのか、複雑な色みがでてくる気がします。
金属性の光を帯びた色が、所々にみえます。

Exif_JPEG_PICTURE

→ 標 しもと 

益子焼 石皿

ショップでも紹介しております、益子焼の石皿は・・・
存在感があり、どっしりとした安定感が魅力です。
こんなにシンプルなのに使って飽きのこないものです。
’玉フチ’といわれる丸みのあるフチも、その理由の一つかもしれません。

古いものですと江戸時代から使われはじめたであろう石皿は、瀬戸のものが大変良く知られていますが、益子や会津本郷などでも焼かれていました。各産地の石皿を比べてみるのも楽しいですが、どこのか分からない場合も多いですね・・・

Exif_JPEG_PICTURE

→ 標 しもと 

瀬戸の土 つづき

瀬戸では、登り窯で焼くことを昭和40年代末に終えられたとのこと。
残念なことではありますが、こちらで使用していた登り窯を見せて頂くと三口の奥が四口だったかな?、たいへん大きなものです。かつて生活用品から瓶や鉢などの台所用品にいたるまで陶製だった頃は、大きなものが大量に造られていたので必然的に大きな窯が必要でしたが、食器等の小物が多い現在は、それだけの量を一度に焼くことが難しいそうです。
窯元さん共同で、復活できないかな・・・

その後の歴史がすでに40年近くあるわけで・・・使われていた陶板などを使い美しい外壁が町のあちこちに見えました。
何度も焼かれたモノなので、色にも深みがあり独特の雰囲気。
何度も焼くと強くなったりするのでしょうか??今度聞いてみたいです。
この方法はかなり古くから行なわれていたそうで、素敵な再利用ですね。

私は食器を主にさがしにいくわけですが、瀬戸の産地としての産業は、もちろんそれだけではありません。
タイルやトイレなどの水回り、かつては水道管、陶製のお人形や置物・・・
高度成長期の都市や住宅をどれだけか支えてきたことでしょう。
食器はその中の一部ですね。
それぞれに適した土があるのでしょうか。
これだけ多岐にわたって製品を供給してこれたのは、使いやすい土の特性があるのかもしれませんね。

IMG_0854

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0837IMG_0839

 

→ 標 しもと 

瀬戸の土

瀬戸は、誰もが知るやきものの大産地です。
地元の方に尋ねますと、良質の土が掘ればどこからでもでるような恵まれた土地だそうで、どれだけのモノが世にでたか気が遠くなるほどなのに、土がなくなる心配は今の所なさそうです。
豊富なので、近隣のやきものの産地に出している程だそうです。

ある産地では土地の所有者の問題もあり、元々土が浅い層にしか出ないこともあって、すでに蓄えたもので終了とのこと。
それを他の地の土を混ぜるなどして少しずつ期間を延ばしていき、30年くらい持つかなあ、というお話でした。
その後どうするのか・・・といった話しはとても聞けませんでしたが、各自が欲しい土を手にすることができる今、大きな問題ではないのかもしれません。
かつては窯元さん各自で、やきものに使う土が掘れるような山を持っていたとか。
こういったことは、今は各自治体や窯業組合などが、管理していることでしょう。

とはいえ、どの産地もそれぞれの窯元さんで相当な研究と工夫をされているのは、もちろんのことです。
おなじ地元の土であっても同じものができるわけではありません。
また、必要に応じて自ら裏山の土を混ぜてみたり・・・

産地のやきもの、とはどういったことなのか・・・いろいろと知る機会がふえました。

IMG_0833

IMG_0834

→ 標 しもと