栃の小椀

 

生漆を擦りこみ、乾かし、余分な漆を拭きとり、また重ねてを繰り返して仕上げています。
木地自体のあたたかみも伝わりやすいです。
気がついたら少し透明感がでてきた。。というのも楽しみなところです。
 
小さなお椀は浅めなので、汁物やご飯、おかずなどにもいいようです。
大きさ違いがありますが、小さなお子さんにも持てていただける浅さかと思います。
 

 

来年の干支兎

 
古型今戸土人形の吉田さんより。
来年の干支兎の役者が揃いました!
 目の周りに薄く赤を重ねた兎にはっきりした朱色の兎。
古作に準じて変えているそうです。
餅つき兎、子抱き兎、月見兎。
 

栃の浅鉢

 

栃の原木を板状にしてねかせ、だいたいの大きさに荒削りし乾燥させたものからろくろで形作っていきます。
その後、漆を塗り拭いては乾かしを繰り返し、最後は色漆をフチに。
 
木工品ならではの温もりや軽さ、慣れれば扱いも楽なので年配の方やお子さんまで幅広くお使いいただけます。
浅めの鉢は、いろいろなおかずに用立てていただけると思います。
 
大小ありますが、小さなお子さん用の箸と大人用の箸をのせてみましたが大きさ伝わるかな??
 

 

木目いろいろ白木の皿

 

度々ご紹介している栃の白木皿ですが、木地師の方がまたまた面白い木目のものも入れてくれました。
同じ栃の木でも、場所によってまた寝かしておいて浮かび上がってくる木目などあるそうです。
木地師の方によってもその時々で扱うものが違うため、他の木地師の方から面白そうなのを分けてもらったとのこと。
ありがたいなあ。。

漆やウレタン塗装などを施していないため、おすすめはパンやトースト。
ハムやチーズを切ったり、乾きもの中心がいいかと思います。
食事に使うのもダメではないので、様子を見つついろいろに使ってみて下さい!

他にもお盆にもいい大きなサイズのものや、ポットを置いたりお菓子を食べたりにいいかと思うケヤキの敷物も。
  •  

河童の登場!

 
古型今戸土人形の吉田さんより、河童の二人が現れました!
きゅうりを傍らに横座りの娘さんと、呑んべいさんです。
古型でも徳利と盃を持った河童は珍しいものだったそうです。

並べたら心配そうに見守る赤犬と狆(ちん)という図になりました。。
愛嬌ある表情がいいなあ。。
お酒が好きなあの方へ、きゅうりが好きなあの方へ、いかがでしょうか??!
 


 

17日(月)〜20日(木)お休みさせていただきます

 誠に勝手ながら17日(月)〜20日(木)お休みさせていただきます。 

21日(金)より通常営業いたします。
どうぞよろしくお願い致します。
(営業時間11時から18時半) 


まゆみ窯さんの小さな土鍋。
ご飯を炊いたり鍋物に、調理に使ってもよし。
土鍋ならではの温かさです!

花入れいろいろ

新春の陽は心地いいですが、風が吹くとおお寒い!
部屋が寒いと草花の持ちがいいのでありがたいですが。。。
大きさや高さのちがう花入もいくつかあると花に合わせやすいかなと思います。
小さく切って小さなものに。
ドライフラワーなどを入れてもいい景色になりそうです。

明けましておめでとうございます。

この冬初でしょうか雪が舞い始めました。続きそうな寒さです!
本年もどうぞよろしくお願い致します。
落ち着いて過ごせる年になりますように。。。



今月は毎火曜日定休、17日(月)〜20日(木)お休みさせていただきます。
(営業時間11時から18時半)

今戸土人形丸〆猫など

 
今戸土人形をつくっていらっしゃる吉田さんより、追加で丸〆猫と名のある招き猫や月見うさぎ、鉄砲狐など年内届けて下さいました!
みんないい表情に写っているかな笑

土の準備、型取りから合わせて乾燥、形を整えて焼いて、色付け絵付けと書けば略ですが工程も長く。
色は淡い色を塗り重ねて出しているものも多く形を引き立てているようです。
棚や玄関などちょっとしたところに姿がみえるといい様子。

店のお知らせになりますが、本年の営業は明日明後日28火曜29水曜で閉めたいと思います。
新年は6日木曜からです。
どうぞよろしくお願い致します。